スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
ベクトル
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
千葉1-0岐阜

さて。ここのところ更新の滞っていたこのブログですが。
家庭の事情とかそういうもんではございません。
ただ単に、本人のモチベーションが急下落していただけの話です。
もう、言葉が出なくってね。
試合ごとに布陣やメンバーがコロコロと替わるばかりでチームとして何かを積み重ねているという様子は見えず。
効果的ではないアバウトなロングボールが増えて敵陣ブロックの前で右往左往する姿が目立つようになり。
黙ってた時期に思ってたことをバッサリと言うと。
監督替えたことになんか意味あったの?前体制のサッカーが劣化したたけじゃん?
ってこと。
こんなこと言ってたって読む人を不快にするだけだし、それよりも何よりも、言ってる本人がつまらん。
だから黙ってました。


岐阜戦。
明らかに変わった。
前線の選手が機を見て縦にガッと動き出し、後方からビシッと縦パスが入る。
実に割り切ったサッカー。
メンバー選考も、そのサッカーを実行するための人選。
ナム・スンウは果敢にそして正確に縦パスを繰り出し。佐藤勇人は後方から前方へ駆けて駆けて駆ける。幅広く動き回る町田也真人が巧みに前方へのリンクマンとなる。
明確に、チーム全体が縦へのベクトルを持って動く。

関塚監督がやりたいサッカーって、これなんだな。と思った。
今までもその片鱗は見せていたけど、ここまではっきりと縦!縦!縦!のサッカーを表現出来たのは初めてだと思う。
これでいいんだと思う。
過去のサッカーを引きずるよりも、やりたいことをはっきりとしたほうがいい。
ここまでやらなきゃ、監督を替えてサッカーを変える意味はないんだと思う。


シーズン中に監督交代に踏み切ったのは悪手だったと、今でも思っている。
それは、このサッカーはいい、あのサッカーは悪い、という話ではなくて。
やってることを、途中で止めてしまう事。それに伴う悪影響。
意向に沿った選手もプレシーズンという時間も与えらない新監督が試行錯誤に陥るのは当然と言えば当然。
そのようなチームはベクトルを失い、選手も自信を持ったプレーなど出来ないだろう。

クラブが一番に為すべきことは、選手に迷いなくプレーさせる環境を整える事だと思う。
このクラブは、今までそれが全く出来ていなかった。だからこその現在地だ。
この試合で得ることができたひとつのベクトル。
これを見失ったり、自らの手でポキリと折ってしまうという愚行を繰り返してはならない。
多少の困難にぶち当たっても簡単に逃げ出すことはせず、同じ方向へ進み続けるべきだと思う。

スポンサーサイト
Edit / 2014.09.21 02:54:48 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。