スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
ジェフユナイテッドと「自分たちのサッカー」
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
W杯での日本代表のグループリーグ敗退後、「自分たちのサッカー」という言葉が大きく取り上げられていたようだ。自らアクションを起こして主導権を握るサッカー。それで負けてしまえば結果論としていくらでも批判出来るけど、土壇場で守備的な戦いに切り替えた前回大会を受けて、その次へ進むための「自分たちのサッカー」に日本サッカー界全体が大きな期待を抱き、そこを目指していたはず。成長のために必要な指針だったと思う。

さて、そのような「自分たちのサッカー」は、ジェフユナイテッドには存在するのだろうか。
サッカーの方向性に於いて、それは、その時々の監督だけに委ねられてしまっていると思う。
過去に何度も、急激な方向転換を繰り返してきた。
そして今。鈴木前監督から関塚監督に交代して公式戦を2試合消化したところだが、既に今後の方向性がこれまでとは全く違うものであろうということは見えている。自分たちでボールを保持することで優位性を保つサッカーから、ボールを持たずに縦へのスピードを重視したサッカーへの移行。またしても、急激な転換である。

鈴木前監督に期待されて、実際に実行されていた「土台作り」とは何か。それは、トップチームに於いて丁寧に繋ぐパスサッカーを構築しながら、若手選手をそのサッカーで戦える選手へと育て上げることではなかったか。その成果が見えて来たこのタイミングでサッカーの方向性そのものを転換してしまっては、今までの時間は無駄になってしまうのではないか。
そして、トップチームがこのように方向転換を繰り返していては、ユースとの連携など夢のまた夢だろう。トップチームに合わせて方針を変え続けていては、育成など形にならない。結局はトップチームとユースは関連の薄い別組織として在り続けるしかないのだろう。それで、未来を描けるのだろうか。

ポゼッションなのかリアクションなのか、ということが問題なのではない。クラブ自体にどのようなサッカーを作り上げるのかという指針が存在せず、全てを現場に放り投げてしまう。そして、現場のやっていることを「結果」という尺度によって唐突に切り捨てるということを繰り返す。このような、一貫性を保つことが不可能な状況が、最大の問題である。
ジェフユナイテッドには、「自分たち」が存在しないのである。

今はただ、関塚監督のチームが勝ち続けることを祈るしかない。勝てなければ、チームは存続させてもらえないということがはっきりしているのだから。
しかし、それでもし勝てても、監督交代で成功したなどという単純な視点しか持てないのならば、次にチームが不調に陥った時には同じことが繰り返されるだろう。
その時々で変化することのない「ジェフユナイテッドのサッカー」というものをクラブを取り巻く全ての人間が描けるように求めていくこと。それが出来ないのならば、このクラブに未来はないだろう。

スポンサーサイト
Edit / 2014.07.26 13:25:11 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。