スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
初勝利!
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
栃木0-2千葉

なかなか点が取れないイメージの栃木県グリーンスタジアムなんだけど。
開始早々にコーナーキックからどフリーの遥也がヘディングであっさりとゴール!
そして、相手のセルフジャッジにも助けられて兵働のパスに単独で抜け出したケンペスが押し込んで追加点!
このスタジアムにはなんだか似つかわしくない、あれ?いいの?という2ゴールを前半のうちに挙げて、そのままスコアは動かず!
5年目にして、グリスタ初勝利!
そして、関塚監督体制でのJ2リーグ戦初勝利!

しかし、点差ほどの差があったわけではなく。
栃木に何度も決定機を作られていた。守り抜いた、というよりも、相手の決定機逸に助けられた試合。
ケンペスのゴールが入る前に逆転されていてもおかしくはない試合展開だった。

縦に速く、という意識が強く感じられた。これが今後のチームの基調となるのだろう。
そしてそれは、自分たちでボールを持つ時間が短いということ。つまり、守備の時間が長くなる可能性の高いサッカーへと移行するということ。
このチームは、守り勝つという文化を醸成してきたチームではない。
守備力を磨き上げることが急務となるだろう。
そんな中、キム・ヒョヌンの中央で跳ね返す強さが目立っていた。今後、チームの中心としてますます重要な選手になるのだろうなと感じさせられた。(とはいえ、いきなり次節出場停止…。後ろから追いかける状況で手を伸ばしてしまう癖だけはすぐにでも改善して欲しい…。)

それでも、とにかく勝てたということは大きい。新体制に移行して、まずは勝利という結果を掴めたということは(天皇杯を含めれば公式戦2連勝)、これからの自信に繋がるだろう。というか、体制が代わっても勝てずに自信を喪失するという危険性を回避できたというか。
チーム自体はもとより、ピッチ外のムードに与える影響は大きいだろう。

次節の相手は、日本一いやらしいサッカー監督(褒め言葉です)である高木琢也氏率いる長崎。これまた難敵である。
栃木戦をテキストとして、徹底的に「関塚対策」をとってくることだろう。
それにも屈せず、是非とも長崎という相手からも初勝利を挙げたい。

スポンサーサイト
Edit / 2014.07.22 00:34:15 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。