スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
らしさ
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
UNITED4月号の、『われらジェフファミリー夢応援隊』。
マザー牧場の社員の方が、「フクアリらしい、楽しい、ほんわかするスタジアムはほかにない」と語ってくれている。
ちょっと最近のフクアリの雰囲気とはかけ離れている言葉のように聞こえるけど、今までのフクアリのイメージから、そのように思ってもらえているのだろう。そのような「フクアリらしい」空気を作ることが出来ていたのだろう。

湘南戦で、失礼ながら、実に意外だなと思った。
このような試合。ハーフタイムや試合後にはブーイングの嵐が吹き荒れるんだろうなと思っていたけど、そうはならなかった。ハーフタイムにはチャントでチームを見送り、試合後には残酷な時間を過ごした選手たちを拍手で迎えていた。それだって全体の意志というわけではなく、罵声が飛んでいるのも耳にしたし、試合終了を待たずに席を立つ人も続出していた。それでも、最近では恒例となってしまった全会一致のブーイングは出なかった。
(ちなみに自分は、前回エントリで述べたように、挑戦者としての意志をこのチームから見出したので、それを称えて拍手した。)

ある種の極限状態の中で出た反応。これが、このスタジアムの根っこにあるものではないだろうか。

熱さの中にも優しさがある。そういう柔らかい熱が全周を包み込む空間。
そういうのが、本来のフクアリらしさじゃないかな、と思う。

あくまでも個人の好みなのかもしれないけれど。
温かみのあるフクアリのほうが、もっと多くの人の心を掴むことができるんじゃないかな、と思う。

フクアリが、フクアリらしい場所であるように、力を与えていきたいなと思っている。ほんの微力にしかならないし、何の役にも立たないかもしれないけどね。それでも。

スポンサーサイト
Edit / 2014.04.16 23:55:11 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。