スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
真夏の薄氷
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
千葉2-0水戸さん

水戸の前線からの激しいプレスに押されまくることから始まった試合。しばらく経って多少の落ち着きを取り戻しても、水戸の異様に速い中盤でのチェックを受け、普段のようなボール保持が全く出来ない。
そんな中でも。谷澤が相手DFを股抜きしての左サイド突破からのクロス、そしてなぜか前線中央に入り込んでいた米倉のゴール!見事な個人技で1点をもぎ取る!
それでも流れを引き寄せることは出来ない。激しいボディコンタクトを厭わない水戸の勢いは止まらず、それは後半になっても変わらない。
完全に主導権を握られ続けた試合だったけど。終了間際にカウンター一閃!佑昌の追加点!
どの瞬間に溶けて消え去ってもおかしくない真夏の薄氷の上をなんとか渡りきってのタイムアップ!うわあああ!勝った!勝った!しぬかとおもった!

水戸の決定機逸に助けられた、の一言しかないのかもしれないけれど。苦しみながら勝っていた6連勝中よりもさらに厳しい内容の試合での勝ち点3!この価値は大きいだろう。
もしホームで2連敗とでもなれば、またしても夏の失速という忌々しい記憶にクラブ全体が囚われてしまうという事態にもなりかねなかった。それが辛うじてだけど避けられたのは大きい。
前半の終盤、水戸に押し込まれた時間帯、スタンド全体が異様にざわざわした雰囲気に包まれていた。それは当たり前といえば当たり前だし否定できることではないけれど。素晴らしい雰囲気を作って試合開始を迎えることが出来ていたので、その勢いが削がれてしまったのは残念だと思った。
それでも、後半は難しい展開が続く試合をスタンド全体で後押しすることが出来ていたと思う。
厳しい試合をみんなで勝った。この成功体験は、大切にするべきものだ。
ネガティブな記憶の力に屈しないためにも。

薄氷を踏むような戦いはまだまだ続く。
このド真夏に、アウェイ2連戦という厳しさ。(リーグ後半戦はホームホーム・アウェイアウェイと続くことがやたらと多い日程だけどこれはどうにかならなかったの?ちょっとひどい。)
選手のコンディションも良くない。前半で退いた米倉のことは心配だし、試合の流れと選手構成の都合でフル出場になったケンペスも終始調子が悪かった。状態の悪い選手に代われるよう、いままでスタメンで出場していない選手の台頭が望まれる。これから、チームの総力が試される。
本当に本当に厳しい夏だけど。ここを乗り越えなければ、目標とする場所に到達することは出来ない。
この厳しさを自分らも理解した上で、またみんなで勝てるように後押しを続けよう。

氷を踏み抜いて溺れるのは、もうたくさんだ。

スポンサーサイト
Edit / 2013.08.04 23:26:18 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。