スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
メンタル
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
千葉2-0愛媛

ほぼ完全に愛媛のゲームだった。よく勝ったなあ…。

最前線から前へ前へとボール狩りに突き進み、奪えばそのままさらに前進、シンプルにゴールを目指す。迫力満点の愛媛のサッカーはもう賞賛するしかあるまい。個人的に、こういうサッカーは大好きだ。
対する千葉は、愛媛の圧力に屈してしまう。マイボールも簡単に相手にプレゼントしてしまい、一方的に受ける展開。後半になるとさらに危険な攻撃を受け続け、岡本の神懸ったセーブの連続でなんとか失点を免れる。
流れが変わったのは、深井・ナムと体を張ることを厭わない選手を前線に投入してから。そして、右サイドの兵働から左の大岩へと大きく展開、そして大岩のクロスにケンペスの打点の高いヘディングで先制!さらに、セットプレーのチャンスで智が倒されペナルティ奪取、キャプテン自らが決めて追加点!
本当に厳しい試合で勝利を掴んだ!

ベンチに深井という選手がいて本当に良かったと思う。懸命な走りと小さい体を張りまくったプレーは、愛媛の気迫に完敗しかけていたチームの息を吹き返したのではないか。また、自分から確固とした意思を示してペナルティキックを蹴りに行ったキャプテン・智の強い気持ちも嬉しかった。
サッカーって、やっぱり、メンタルのゲームだと思う。


「あの日の悔しさを忘れたのか?俺達はこんなもんなのか?この場所に満足なのか?今までの悔しさ・想い・気持ちを1試合1試合に全てぶつけろ。いつだって傍にいる。黄色の情熱見せてやろうぜ」
ゴール裏の大きな横断幕に書かれた言葉。
これはチームに向けられた言葉なのだろうけど、自分は、スタンドにいる自分らへのメッセージだと受け取った。
今年のフクアリには、強さを感じなかった。チームが不調であれば、その不調に引きずられるように沈黙するスタジアム。試合終了直前にならないと力を出せないスタジアム。去年のプレーオフの記憶を忘れ去ってしまったような、薄い空気。
今日は、今までよりもゴール裏の熱い応援が周囲に浸透していたと思う。それでも、後半が始まった頃には沈滞した雰囲気が広がりそうになっていた。その後のチームの頑張りに引っ張られて大きく盛り返して、今季で一番の盛り上がりを見せたけど。

まだまだ苦闘が続きそうだ。
その時、自分らはどうするのか。
敗北の記憶に押しつぶされて黙るのか。それとも、それでも想いを声に手拍子に乗せてぶつけるのか。
自分らも、メンタルのゲームに勝てるかどうか問われているのではないだろうか。

スポンサーサイト
Edit / 2013.05.04 02:11:35 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。