スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
勇気
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
千葉2-2東京V

谷澤が個人技で見事に左サイドを突破、そのクロスを荒田のヘディングで先制!
しかし。前半終了も近い時間帯、ヴェルディの猛攻を粘り強く跳ね返し続けるも、10年に一度あるかどうかという中後の超絶ミドルシュートを叩き込まれる。
後半もどちらに転ぶかわからないジリジリした攻防が続く。そして残り時間があと5分かというところで、勇人の見事な縦パスを荒田が受けてクロス、そして谷澤のゴール!
苦しい試合を征したかと思ったんだけど。アディショナルタイムに追いつかれて2-2、試合終了。

結果はもう本当に悔しくて悔しくてたまらないものだったんだけど。
前節の北九州戦、相手の気迫に最初から完敗してた最悪としか言いようのない試合から、よくここまで立ち直ってくれた。
強力な敵に対して気持ち入れて体張って、勇気ある戦いを見せてくれた。


正直言って、スタジアムは完全に一つになってはいない、と思った。
後半の半ばごろから、応援の声量は極端に落ちていった。谷澤のゴールがなければ、アウェイスタンドに完敗していただろう。
終了間際に失点すると、ホイッスルを待たずに席を立つ人が続出した。
それも仕方のないこと、とも思う。最近の実績からすれば、チームに期待の出来る展開ではないと判断されてもおかしくはない。
それでも、今日のピッチ上から感じられた勇気は本物である。
試合を終えた選手は、拍手とコールでスタンドから迎え入れられた。これも、スタンドからの嘘偽りない気持ちの表れだろう。

どうせもう無理だろ、って思ってたほうが楽だ。期待しないほうが楽だ。
どんなに難しい局面に追い込まれても、それでも自分らは目的を達成することが出来る、と信じるのは、勇気のいることだ。

そのどちらが、チームにとっての力になるのだろう。

チームは勇気ある戦いを見せてくれた。だったら自分らも、勇気を持ってそれに応えるべきだろう。

スポンサーサイト
Edit / 2012.09.23 23:33:59 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。