スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
花が綺麗なのは誰だって知ってるんだからさ
カテゴリ: サッカー / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
東日本大震災復興支援 2012JリーグスペシャルマッチをTBSのテレビ中継で見た。
なんとも残念な中継だった。
デルピエロというスーパースターにスポットライトを当てすぎてるのはまあ仕方ないにしても。
復興支援のために開催された試合だという視点があまりにも薄い放送だった。
ハーフタイムに、この試合とは何の関係もない、同日夜に放送する五輪代表テストマッチの宣伝。様々な活動を紹介するためのいい時間なはずなのに、わずかな時間で募金活動の様子のVTRを流すのみ。試合後の様子は放送枠外のためブチッと切って終了。
こういう試合を開催するのはとても志の高いことだ。しかし、それを伝えるメディアの意識は低い。
日本という国は、いまだ震災復興の途上にある。それを伝えることがこの試合の意義のはずなのだが、逆にそのような意識が風化してしまっている現状を表しているかのような放送だった。
交代でピッチを後にした遠藤へのインタビュー。インタビュアーからの、今後の日本代表での活躍を云々という質問に対して、遠藤は、チャリティマッチでプレーすることの意義を語っていた。選手は、高い意識を持って試合に臨んでいるのである。しかし、それをメディアがきちんと伝え切ろうと努力しているようにはとても見えない。日本代表のように視聴率の取れそうな試合を、あらかじめ決められたフォーマットにはめ込んで垂れ流しているだけだ。
この放送を見る限りでは、単なる花試合のひとつにしか思えなかった。

花試合が悪いとは思わない。むしろ、伝えるべきメッセージを伴った試合であるのならば、世間に大きく注目されるようにできるだけ華やかな花である必要があるだろう。
しかし、それを伝えるメディアが、花を見て「わあーきれいきれい」って言ってるだけじゃ、なんにもならない。花が綺麗なのは、誰だって見ればわかる。
誰が花を植えたのか。どこに植えたのか。何を思って植えたのか。
その花を見た人々は何を感じたのか。
そういうことを伝えなきゃ、なにも伝えてないのと一緒だ。

スポンサーサイト
Edit / 2012.07.21 23:18:38 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。