スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
リベンジならず(残念ながら、永遠に)
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
野津田公園再訪。
前回は、震災の影響でJリーグが中断し、この先どうなってしまうのだろうという不安に苛まれている時に行われたチャリティマッチ。内容的には完敗すぎるほど完敗だったけど、サッカーを再び見られる喜びを与えてくれた。
今日の試合は、本来は3月に開催されるはずだったJFL前期第3節。そして、それだけの時が経つ間に、ジェフリザーブズの活動が今季限りであることが発表された。時代は流れる。その流れは無情だ。

町田ゼルビア1-0ジェフリザーブズ

前半中頃にペナルティエリア内で相手を倒し、一発レッドの判定。PK献上。こんな時間に試合終わっちゃうのかよーと思ったが、相手のPKが枠外。助かった。
しかしここからは一方的に攻められるばかり。前半は粘り強い守備でなんとかしのいだが、後半の早い時間にディミッチの豪快なボレーを突き刺される。(そういやチャリティーマッチの時もこんなの見せられたな…)
その後も町田の完全優位なのだが、最後の詰めが甘くて止めを刺せない。こうなると、サッカーなんて何が起こるかわかんないんだから、リザーブズの数少ないカウンター攻撃に期待が掛かる。いや本当に数少なかったしほとんどシュートまで持っていけなかったけどさ。ついでにもれなく逆カウンターの大ピンチというオマケがついてきたけど…。
そのままスコアは動かず試合終了。

長い時間を数的不利の状況で戦ったにしてはしっかりとした守備が出来ていた。というか、守備以外の事が出来ない状況だからそうなったんだろうけど。でも、前回見たときは個人のスピードとパワーに完敗していたのだから、当時と比べればチームとして成長したのだろう。
だけど、チームとして成長しても、もうその先はないんだよなあ…。

この試合を見ながら思ってた。もしジェフユナイテッド市原・千葉というクラブに一貫したサッカー哲学があり、それがあらゆるカテゴリーに共有されていたならば、このリザーブズというチームにも大きな存在意義が生まれていたのではないだろうか。確かこのチームが誕生したときは、アマチュア以上・プロ未満といったレベルの選手の受け皿としての機能が期待されていたはず。そのようなカテゴリーのチームがジェフというクラブの思想を担う一部門として存在していたのならば、きっと大きな意味があったと思う。結果としては、「トップ」に対する「リザーブ」という位置付けをされてからはその役割を果たすことは出来ず、それ以前の問題としてジェフというクラブに共有するべき哲学など存在しなかったのだが。

それでもチームは存在する。そしてそのチームは、消滅する。残念なことだ。


色々と思うところはあるのだが、チームが消えてしまうことに対する寂しさというのは正直なところ今は感じていない。
でも、今まで、トップの試合はないけどサッカーを見に行きたいと思ったときは、選択肢の上位にジェフリザーブズを置いていたのである。きっと来年になって、暇だしどっかでサッカー見たいなあと思ったときに、「あ…」ってなるのかなあと思う。

スポンサーサイト
Edit / 2011.11.04 00:04:20 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。