スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
手を叩こう
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
明日はホームで富山戦。
チームは今季最悪の不調に陥ってるけど、なんとか立ち直って欲しい。
フクアリで勝ちたい。勝たせたい。

自分らがチームの力になる方法は、スタジアムに行って勝ちたい気持ちを伝えること。それしかないと思っている。
今年のフクアリ、スタンドからの気持ちを伝え切っているのだろうか。

大逆転した大分戦、完璧な内容の札幌戦など、チーム状態がいいときの試合は、フクアリの空気も素晴らしい。しかし、引き分けた熊本戦や横浜戦は、低調なピッチ上に合わせてスタジアム全体の空気も沈んでしまっていた。
例を挙げて言うと、試合終盤のセットプレー。ゴール裏から声と手拍子の波が押し寄せ、自分のいるバックスタンドまで広がってくる。しかし、プレイスキックが相手に弾かれると、ため息と共に波は静まり返ってしまう。
大事なのは、ここからじゃないの?弾かれたボールを奪い返してもう一度攻めなきゃ勝てないよ?そんな時こそ一番選手に走ってもらいたいんだよ。自分らが一番力を込めなきゃいけないのはまさにそんな時じゃないか?

「フクアリ劇場」という言葉が生まれるきっかけとなったのは、08シーズン最終節、奇跡的に残留を遂げたFC東京戦だろう。あの時、スタジアムという場所が持ちうる物凄い力を実感した。
しかし、あの日のスタジアムの空気は、自分らだからこそ作れたものなのか?
想像して欲しい。あのような世界にも類を見ない残留劇が、フクアリではない、別のクラブのスタジアムで起きたとしたら。恐らく、あの日のフクアリと同じ空気がそのスタジアムに生まれるであろう。
決して、フクアリだけが特別な場所なのではないのである。

ただし。そのような空気を本当に経験したスタジアムは、他にはそうそう見当たらないだろう。
それは大きな財産になるはずである。

チームに継続性が見られないということを不満に思う人は多いだろう。自分もその一人だ。
しかし、そういう自分は、貴重な経験から得たものを継続出来ているのであろうか。


サッカーの楽しみ方は人それぞれだと思う。こうしろ、と強制することなんて出来ない。
だけど、黄色い服を身に纏ってスタジアムに訪れる全ての人が同じ事を思っているだろう。
勝って欲しい、と。
だから、その気持ちを表現しよう。
ゴール裏は応援する場所、その他は黙って試合を見る場所、なんてルールは存在しない。
ピッチを囲む全方位から気持ちが注がれたときこそ、スタジアムの魔力は発揮される。
チームが苦しんでいるときこそ、そんな力が必要だ。
手を叩こう。


こんなちっぽけなひとつのブログでこういう事を言ってても、何かの力になるのかはわからない。
だけど、もし何かを感じてくれたのならば、いつもより多く手を叩いてチームを鼓舞してくれたらうれしい。
それが、隣でじっとしている人の気持ちを動かすきっかけになるかもしれない。
きっと、そういう小さな積み重ねが一斉に爆発したのが、あの日起こったことなのだろうと思うから。

スポンサーサイト
Edit / 2011.08.21 00:30:39 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。