スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
首位決戦?
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
千葉×栃木の煽り文句としてやたらと目にした「首位決戦」。
マスコミだったら当然そういう言葉を使うだろうけど。
今シーズンの千葉をずっと見ているものとしては、現在のチームが「首位を決する戦い」を戦うのにふさわしいとはとても思えない。まだまだ、まだまだ、発展途上のチームなのである。
今現在の順位が重要なのではない。シーズンが終わったときに、3位以内に入る力をつけていることが大切なのである。
しかし、今シーズンのJ2は大混戦。ここで勝利して頭一つ抜け出すことは、大きなアドバンテージになるだろう。そして、ホーム・フクアリでの戦いである。是非とも勝ちたいところ。

千葉2-2栃木

開始早々、相手スローインから不意を突かれてあっさりと失点…。
しかし、深井のスーパーミドルで同点に!年に1回あるかないかっていうスーパーゴールをなぜそんなに何回も決めるのよ!
そして、左サイドで久保が粘りに粘って深い位置まで持ち込んで上げたクロスを米倉が決めて逆転!久保がオーロイには出来ない仕事を成し遂げて、単なる代役ではないことを見せ付ける。
ちょっとフクアリ劇場すぎるだろおい!て思ったのも束の間。千葉ゴール前で人が密集する混戦、角度のないところからのロボのとんでもないシュートで追い付かれる…。
後半、幾度ものピンチを迎えるも、岡本のファインセーブや相手のミスに助けられる。
久保に替えて青木投入。良くも悪くも0トップ状態に。青木は幅広く動いてサイドで起点になるのだが、そういうときには前線に人がいなくてチャンスにならず。
激しい戦いは、2-2のドローで終わる。

やはり栃木は強かった。しっかりと組織された守備力と強力な攻撃陣。長く継続してきたものが実を結んでいるのだろう。
対する千葉は、チームとして未完成。サイドバックの守備。セットプレーなどで押し込んだあとのカウンターへのケア。トップに選手を貼り付けない状態での攻撃。課題は多い。
それでも、今現在の力を出し切って、首位との勝ち点差ゼロ、得失点差1に抑えた。混戦のJ2の中、しっかりとした強さを持つライバルに独り勝ちを許さず、同じ土俵に縛り付けた。勝てなかったことは当然悔しい。本当に悔しい。だけど、今日の試合結果は悪いものではないと思う。いい戦いだったと思う。

去年の苦い記憶。「昇格候補」との声を真に受けたのか、チームにかかわる全ての人間が自らの力を過信し、最終的に沈んでいった。
全てのことが望みどおりに行くわけがない。厳しい舞台の上に立っているのである。そういうことを学んできたのではないか。
その中で、持てる力を出し切ること。全力を出した上で何が足りないかを学び、さらに力を付けること。それが、チームを成長させるのではないか。そういう姿勢がチームの美しさを生むのではないか。

今日の試合後、自分はチームに対して大きな拍手を送った。

スポンサーサイト
Edit / 2011.06.26 23:48:35 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。