スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
劇場
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
千葉2-3柏

1点返した後の時間帯、谷澤がもう異次元の住人じゃないかってくらいキレキレで。
この勢いに乗じてもう1点取れてればなあ。実力差があるチームに勝つにはこういう機会を逃さないようにしないと。
結局、もう1点取るべき時間帯に逆にサクッと点取られて、普通に実力差どおりのゲームに。
柏は強かった。


もう本当に厳しい状況なんだけど、厳しいのは当たり前でもある。

シーズン開幕前のちばぎんカップを見て、このスタイルで戦い抜くチームを見たいと思い、
開幕戦で熊本に赴き、このシーズンが本当に本当に厳しいものになるだろうと予感した。
それは今でも変わらない。

3位という位置をなぜかずっとキープしていたので、昇格するのが当然というムードが漂っていたかもしれないけど。
今の立ち位置が、現在のチーム力と同等なのだと思う。
だからと言って、昇格は無理です諦めました。というわけではない。
今は、元々が困難なミッションである一部昇格というものを掴み取ろうと必死に戦っている最中なのである。
それはシーズン最初から変わっていない。そして最後まで困難は続くであろう。

福岡戦で残念だったこと。試合の終盤、メインスタンドアウェイ寄りは、シーンと静まり返っていた。
きのうのフクアリも、バックスタンドの空気は打ち沈んでる時間帯が多かった。
まるで、何かを失って悲しんでいるかのように。

自分らは、何も失ってはいない。だって、まだ何も持っていないんだから。
何かが得られるか否かは、シーズンが終わるまでわからない。

「フクアリ劇場」と言われることがある。ホームの雰囲気が勝利を導くと。
でも昨日の試合で思った。
スタンドの応援が選手を後押ししていたんじゃなくて、選手の頑張りが応援する側を後押ししてたんじゃないかと。
「フクアリ劇場」を作っていたのは、サポータじゃなくて、選手だったんじゃないかと。

選手たちは自分たちにたくさんの勇気を与えてくれた。
だから、これからどんどん難しくなっていく状況の中、今度は自分たちがチームに勇気を与えないと。
ゴール裏だとか指定席だとか、ホームだとかアウェイだとか、どこにいようが関係ない。
勝ちたいという気持ちを持ってスタジアムに足を運ぶんだから、その気持ちを表現しないと。
周りが静かで気が引けるんだったら、ちょっと耳をすましてみればいい。どこかで必ず手拍子や声援が聞こえるはずだ。それに重ねて手拍子をするだけでもいい。そういう小さな積み重ねが、いい空気を生んでいくのだと思う。


「ゴー!ゴー!かしわゴー!」という叫び声がフクアリを凌駕する様。
悔しくて悔しくて仕方が無かった。
こんな屈辱はもう二度と味わいたくない。

スポンサーサイト
Edit / 2010.09.20 16:42:25 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。