スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
トラウマを払拭する
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
あの悪い夢のような開幕戦とか見直してこの一戦に挑んでしまったんですよ。
熊本こわいよう。高木監督こわいよう。


千葉2-0熊本

かなりの割合でボールを支配。しかし、最後のところで残念なトラップだったり残念なシュートだったり残念なクロスだったりで得点出来ずに前半を終える。
こ、この展開は…。すごくいやな感じ。

そして後半、なんだかラッキーなPK奪取で先制。
しかし1点差。こんなに怖い事は無い…。
これまたラッキーな追加点を奪うまで、「いい展開だ!」という思いと「いや、これがいい展開だと言えるのか?」という思いがせめぎ合いまくり。
悪いほうに意識し過ぎだろ!とも思うけど、でもこういう展開からろくでもない結果になるのを何回も見てるしなあ。


今回一番心配していたのは、左サイドバックにアレックスが起用されたとき、前に行き過ぎたり中央の敵に引き付けられたりして左にぽっかりと大きなスペースを作ってしまい、そこを突かれてしまう事。それをカバーするために中盤の選手が後追いで戻るけど所詮後追い、ただバランスを崩すばかり。しょっちゅう起きている事なので、あのいやらしい高木監督が(褒めてます)狙ってこないはずが無い。
でも今日は、アレックスがしっかりとサイドの守備をしていて、大きく崩されることは少なかった。(1回危ないのがあったけど)
試合終盤の時間帯には、倉田があらかじめ下がり気味に位置して大外のスペースを埋める徹底ぶり。
中盤でのチェックが早いのも大きかった。

ロスタイムの、谷澤と倉田によるえげつないまでのボールキープとか。ペナルティエリア手前でボールを受けた孝太が、無理すればドリブル突破してシュートまで持ち込めそうだけど後ろに戻したりとか。

それらの事は、決して消極的な姿勢ではない。むしろ、勝ち点3を奪うために貪欲になっている。

いわゆる「いい試合」ではなかったと思うけど、相手の攻撃の不調に助けられた感は否めないけど、試合に勝つということに対する積極的な姿勢には、安心させられた。
このような現実を見据えた勝ち方を重ねていけるのならば、開幕戦を終えたときに覚えた漠然とした不安感も払拭されるのかもしれない。
(もう闇雲に不安に思ってもどうしようもないくらいシーズンは進んでいるのだけれど)

スポンサーサイト
Edit / 2010.08.15 01:37:38 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。