スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
墓場
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
千葉1-1岐阜

試合開始早々にセットプレーから先制点。
その後の展開を見ていれば、ミスから危険なカウンターを受けたりして、1点差ですっかり安心できるというものではないということははっきりとわかっただろう。
それでも、スタンドの空気は弛緩していた。もう1点を、という勢いが全体に広がることはなかった。
そして失点。
スタンドは沈黙した。ゴール裏の中心部以外は応援することをやめてしまった。
ピッチを見れば、選手が戦っている。うまくいってはいないけど、何とかしようともがいてる。誰も勝負を捨ててなんかいない。
それでもスタンドは呼応しない。何も見えていないかのように。
そして。試合終了。
そこはまるで、墓場のように静まり返った。


J2での戦いも4年目。
本当に悔しい思いを積み重ねて来た。
自分らのその思いは、どこへ行ったのか。

フクアリを訪れるアウェイサポーターの熱気。
敵地のスタジアムで感じられる熱気。
それらをしっかりと見ていれば、フクアリがどこよりも熱いスタジアムだなんて言えない。
自分らは、それを見ていなかったのか。

チームに対して「夏の失速」と言い、今までと同じだと言う。
本当に今までと同じなのは、誰なんだ。
過去の辛い思いからも、相手サポーターの姿からも、何も学習していない自分らこそが、今までと同じなのではないか。
3年間の苦しい思いを経た4年目でさえ、沈んだ空気のスタジアムしか作れない自分らこそが、「今までと同じ夏の失速」を演じているのではないか。


気持ちを表現できない自分らは、気持ちを墓場に埋葬した死体のようなものだ。
死体に何ができる。

スポンサーサイト
Edit / 2013.08.26 01:21:25 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。