スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- --:--:-- / PageTop↑
積み重ね
カテゴリ: ジェフ千葉 / テーマ: ジェフユナイテッド市原・千葉 / ジャンル: スポーツ
まずは、台風の迫る悪条件の中、アウェイの地まで駆け付けてチームを後押しして下さった皆様、本当にありがとうございました。
お気をつけてお帰りください。

愛媛2-2千葉

テレビ観戦でした。

兵働がヘディングで前へ出したボールを、愛媛ディフェンスラインの裏へ抜け出した荒田が受けてゴール!
幸先良いスタートかと思われたが。
その後は、愛媛が千葉のプレッシャーに掛からないうちに素早くボールを動かし、サイドへ展開してチャンスを作る。試合は完全に愛媛が支配。
千葉がボールを取り返しても、しっかりとセットされた愛媛の陣形の前で横方向にばかりボールを回す「ポゼッション」に終始。攻撃らしい攻撃は出来ない。
後半に入っても流れは変わらず、やがて相手セットプレーから簡単に裏に抜けられて失点。兵働が素晴らしいフリーキックで再び突き放しても愛媛の攻勢は続き、アディショナルタイムに愛媛の大きくボールを動かす攻撃に誰も追いつけず失点。引き分けに終わる。
失点のタイミングは衝撃的だったけど、冷静に見れば、内容では完全に凌駕されるもなんとか個人技に頼って引き分けに持ち込んだ、という試合であろう。

試合中継の最後に千葉の戦いについて意見を求められた解説者が「チームとして上積みしてきた部分がこの試合の中でも見えた」とか「去年との違いを見せつけることが出来た」とか頓珍漢なことを言ってて。
個人の力に頼る、ということを積み重ねてきた結果が、今日の試合だろう。
そこに、去年との違いがあるのだろうか。

それでも、このチームで最後まで戦わねばならない。
去年との違いを出すには、このチームで昇格という結果を掴む。それしかない。


そして、それを後押しする自分らはどうするのか。
去年までのフクアリは、シーズン終盤に戦況が厳しくなっていくにつれて、どんどん活気が失われていった。
試合が終わっていなくても、勝つのが難しくなってくるとどんどん声が消えていった。
それを繰り返して、何かを起こすことが出来るのか。

自分らには、今まで積み重ねてきた悔しさがある。
そいつを全力でぶつけよう。手を叩いて声を出して。
極端なことを言えば、その結果がシーズン6位だって構わない、と自分は思ってる。
そうしたら、その位置からプレイオフを勝ち抜くために全力で応援する。それだけのことだ。そういう覚悟は出来ている。
何もしないで結果を待って、良ければ喜び悪ければ怒りをぶちまけたり無関心を装ったり。そんなことは絶対に出来ない。

残り6試合。後悔だけはしたくない。

スポンサーサイト
Edit / 2012.09.30 21:48:06 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

ガワ

Author:ガワ
サッカーと音楽と踊りを愛するナイスガイ。

詳しくは

blogram
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。